WeiBen機械
+86-535-2828698 info@wb-machinery.com
EnglishFrançaisDeutschItaliano日本語한국어РусскийEspañol
 翻訳を編集します。

技術サポート

» 技術サポート

鋳鉄のDefination

六月 5, 2017

鋳鉄は、より大きな炭素含有量を有​​する鉄 - 炭素合金の基であります 2%. その有用性は、その比較的低い溶融温度から派生します. 破断時に合金成分は、その色に影響を与えます: 白鋳鉄は、亀裂がストレートを通過できるように、炭化不純物を持っています, ねずみ鋳鉄は合格亀裂を偏向し、材料の改として無数の新しい亀裂を開始グラファイトフレークを持っています, and ductile cast iron has spherical graphite “結節” これがさらに進行するクラックを停止します.

炭素 (C) ranging from 1.8–4 wt%, and silicon (と) 1–3 wt% are the main alloying elements of cast iron. Iron alloys with less carbon content are known as steel. これは技術的のFe-C-Si系三元を行いながら、, the principle of cast iron solidification can be understood from the simpler binary iron–carbon phase diagram. Since the compositions of most cast irons are around the eutectic point (最低の液体のポイント) 鉄 - 炭素システムの, 融解温度は、通常の範囲 1,150 に 1,200 °C (2,100 に 2,190 °F), which is about 300 °C (540 °F) 純鉄の融点よりも低いです.

他人

  • 当社の製品

    ポンプ部品
    バルブ部品
    農業機械部品
    工作機械
    加工部品

  • お問い合わせ

    スカイプ:cassiesy1226@outlook.com
    モバイル:86-13053597710
    ウェブ:www.wb-machinery.com